喫飯食堂


1

永康街のメインストリートにあるレストランに参りました。実は昔からこちらの店は留学生がよく来るおいしい所らしいと聞いていて、今回この辺りに近づいためやっと食べられました。
オーナーはよく日本に行くらしく、日本の味も少し自分のレストランの味に反映されています。このお店のモットーは、油、塩、砂糖の使用を極力控えて代わりに素材の味を引き出し、台湾の家庭料理を再現しすると健康を追及することです。味付けは実に和食に近いところがありますので、斬新な料理ですね。注文したのは中華風南瓜のポタージュスープとレバーいためです。こちらのスープは日本で南瓜スープといったら、甘くこってりした味ですね。このスープは甘い味ではなくしっかり海鮮ダシで味付けをしてあるスープで、南瓜本来の味で勝負したこの一品です。そしてレバー炒めはビールの好きな人は、おつまみに欲しいの一品です。ただ普通に作ると固くなるりますが、さすがに人気があるだけあります、一口食べておぉ、超柔らかいとの食感がしました。

コメントを残す