天天利美食坊


7

MRT「西門」駅出口6を出て、西門町のメインストリートとでも言うべき漢中街をまっすぐ歩くと、漢口街二段少し手前にお店があります。 お店に着くと「日本語メニューあるよ~!」と日本語での客寄せ!日本の方にも人気だそうですよ。メニューを見てみると台湾B級グルメのオンパレード。店内のお客さんの注文している様子を見てみると、鶏蛋蚵仔煎60元や蘿蔔糕45元も人気なようですが、みんなが必ずと言っていいほど注文しているのは滷肉飯小25元に10元プラスして半熟目玉焼きを乗せたもの。醤油ベースのタレに煮込まれたお肉と半熟玉子のハーモニーが何ともいえないおいしさで箸が進む~♪

以下オーダーしたものです。

・魯肉飯加蛋 (中サイズ)
・青菜湯
・蘿蔔糕 (大根もち)

じつは半熟卵や卵かけご飯は苦手でふだん食べないのですが、こちらのは不思議と大丈夫で とても美味しくいただきました♪ 加蛋というと滷味のゆでたまごを想像するんで、半熟卵って ありそうでないコンビだと思います(そういえば梁記の鶏肉飯がそんな感じでしたが・・・・)。 青菜湯も野菜たっぷりで良かったです。

注文はオーダー表、お会計は料理がぜんぶ揃った時に店員さんに手渡しです。 注文するときに先払いしてる現地の人もいました。

魯肉飯加蛋をまた食べに行きたい~ (人´∀`)

コメントを残す