客家菜


台湾は大昔からいろんな大陸から来た人を住んでから、民族の融和になった現在の様子ですね。原住民も何種類があります。そのために料理もかなりあります。今日は紹介したいのは客家菜です。本島の人として、外来な民族がお客さんみたい客家という名前を付けました。今はもちろん台湾人になりました。でも自分の言葉もありますし、料理も違います。客家菜と呼ばれています。台北でも客家料理はあまり多いとはいえません。その中で「你家我家客家菜」は、約30年もの歴史をもち、台北で最初にできた客家料理の老舗。客家の人たちの家庭料理を、台北に広めたお店なのです。もともとは北部の料理なので、比較的味が濃く、梅干菜(高菜の酸味のある漬物で、日本の梅干とは全く関係ありません)の漬け物など、日持ちのする物を多く使用していることが特徴的です。醤油味、酸味、辛味と味のメリハリが効いているので、ごはんとの相性はバツグン。

31

コメントを残す