明月湯包


5

平日のお昼時に行ったので並ぶの覚悟でしたが 店内は7割くらいの混み具合でした。 入れ替わり人が次々に入ってくるのでやはり人気店なんだな~と実感。
湯包は名前の通りスープの量がすごい! 小籠包の正しい食べ方って上を少しかじってスープを飲んで・・・なんですよね? でも私はあの熱々を丸ごと口に入れて火傷しそうになりながら食べるのが好きなんです。 かなり口の中は地獄を見ましたが(笑)本当にスープたっぷりで幸せ~♪ 残念だったのは8個中3個既に皮が破れていたこと。
しらすチャーハンも空芯菜も文句無く美味しかったです。 オーナーさんも厨房にいて、昼ドラで宗佑が修行してた場所だ! なんて思いながら大満足な昼食でした。

 

キレイな店内で、家族連れでも入りやすく、スタッフも多いので何かと気にかけてくれました。 小籠包とシラスチャーハン、サケチャーハン、鶏肉のスープ、ピータンとピーマンのピリ辛味のものを頼みました。特にシラスチャーハンと鶏肉のスープが美味しかったです。

ただ、お会計の時に1,200ドルと言われビックリ。 どこで食べても、家族4人で1,000ドル超えることがなかったので…。 シラスチャーハンと小籠包は追加オーダーしたし、安いと思って調子乗って頼みすぎたかな。 手持ちの現金が少なかったので、そのあとの予定が狂ってしまいました(汗)

ただ、味はどれも美味しく、スタッフに帰りの駅までの道を聞いたら親切に教えてくれて、お茶もちょくちょく注ぎ足してくれたり、子どもがスプーンを落としてしまったのをすぐに取り換えてくれたり、感じ悪くはなかったので、また行きたいお店の一つになりました。

コメントを残す