杭州小籠湯包


5

店の名前を考えるともしかしてオーナーが杭州出身だと思っていたのですが、実は杭州南路にあるから杭州という名前をつけたそうです。でも最初は炭火焼のお店だったらしくてオーナーたちの働きっぷりに惚れこんだ台湾の小籠包界で有名な師傅が、おいしい小籠包の作り方を教えてもらって現在の小籠包屋さんになりました。ご飯時に行くと列に並ぶこともしばしばになり待たされる方がおおいですが、並ばずに食べられる可能性が高いのは14:00~17:00の間にていった方がいいです。

お昼休憩がないので、営業時間中いつ行っても食べられるのが大変嬉しいですね。今回台湾に帰ってわざわざ子供たちを連れてこちらの店にいきました。10年前に旦那の両親を連れて行ったことありますが、時間を経ったにも関わらずずっとおいしい小籠包をつくってくれました。

皮の薄さや中の具材の新鮮さ、たっぷりのスープなのに脂っぽくないところがよく売れました。その他にも蒸篭系は変わり種からスイーツまで揃っていますので、お腹いっぱいになることを楽しんでください。

コメントを残す