金品茶樓


金品茶樓

このレストランは昔「金品茗茶」と言います。1978年の成立して以来、台湾茶業の発展にとても力を入れられて、新しい潮流が生み出してきて現代と伝統を調和させ、今や国内外の各界から高い評判がされています。ついに近年、お茶と小籠包を一緒に楽しめることができれるレストランが立ち上がりました。今回台湾に帰って友達と一緒にこちらのレストランへおいしい小籠包とお茶をいただきました。小籠包は8個で160元ですが、少し高めですけど、とてもジューシーです。暑くても子供たちさえ箸がたまらず、1個1個口に運びました。特製の酢醤油につけて口に運んで、ひと口噛んだ瞬間、ジューシーな肉汁と絡み合って、本当にたまりません。少し高めでも価値があります!小籠包だけでも箱3つを注文しました。その後海老のシュウマイ、甘いクリーム饅頭、熱々の煎餃(焼き餃子)も1箱ずつ注文して、とてもおいしくいただきました。4人で1000元くらい払いましたが、決して安くありませんけど、とても満足です。

コメントを残す