鶏窩砂鍋


1

今日は今まで行ったレストランに一番取って置きのチキンスープ屋さんをご紹介したいと思います。レストランの名前は「鶏窩」と言います。10年前に新装オープンしたんだそうですが、昔は驥園という名前の四川料理の店です。その中にシェフの一人が独立して開店していまの鶏窩になりました。現在は息子さんと二人でこの店を切り盛りなさっているようで、お客さんに対する接待はとても丁寧です。

レストランはそもそもこのチキンスープは本家、驥園より伝授されたものでありますが、ご本家ではそのボリュームはとても少人数で消化しきれない量でありますので、このためにいつのも土鍋で出てくるスープは無駄にならないように、改善してきました。味はいくら抜群でも、量が多すぎると結局残すお客さんが多くなってしまいますので、本当に惜しんだそうです。鶏窩のレストランでは、それを改良して一人分の小さな土鍋になりましたが、味はそのままで提供していただきます。それにお値段までお手軽なのがうれしいところですね。

コメントを残す