担仔麺

台南を発祥地とする台湾を代表する麺。豚骨と鰹節、多量のエビの頭の煮汁で作られた薄味スープに、麺は台湾で油麺と言われる黄色いラーメンのような麺を使用。ニラや小エビ、豚のそぼろ肉や赤ニンニクを揚げたものがトッピングとしてのっかっています。
あっさりしていて、食べやすく、お碗が茶碗と丼ぶりの中間くらいの大きさなのが特徴的です。この担仔麺は、台南を本拠地とする「度小月」という店が発祥店として一番有名。四川の辛いスープの「担担麺」とはぜんぜん違いますよー。煮込んだ卵を丸一個入れるのはみんな普通に食べています。私も担担麺だけじゃなくて、屋台で麺を注文するとき必ず卵を一個くださいって頼んでいます。卵と担担麺はものすごく似合います!担担麺の本物を食べたいなら台南に行った方がおススメです。この「度小月」です。もちろん台北にも支店があったり、最近ではいろいろな所に支店を開設し始めている度小月で、台北でも台南でもここの「担仔麵」にありつける機会がグーンと多くなりました。

18b993085613e93e_S2

官財板

官財板は台南発の食べ物です。私も食べたことなかったですが、この前友人と一緒に士林夜市に行ったとき見つけました。これは、揚げたトーストの中にクリームシチューを入れたもの。画像は、シチューが見えているが、運ばれたきたときには、蓋がついている。蓋もトーストである。ところで、官材板とは、本来は棺桶という意味なのだ。つまり、カンオケトーストですね。名前の由来はちょっと面白いかもしれない。味はサクサクで美味しいです!中には濃厚なシチューです。肉がドーンと入ってる!!他にもイカやエビも入ってました。台北の屋台だと、エビはエビ、イカはイカ、鶏肉は鶏肉というふうに分かれてるけどここは全部入れちゃってます。一度食べたら癖になる美味しい小吃です。士林夜市で買ったのは50元でちょっと高いですが、台南に行きましたら、40元くらい買えると思います。本物食べたいなら台南に行った方がいいかもしれません。

ダウンロード

度小月担仔麺

この前台湾に帰った時、飛行機はディレーしたためにものすごく遅く着きました。私の両親も迎えに来ましたので、みんな我慢してずっと待っていました。晩ご飯は空港で食べました。新しくできたフットコーナーで度小月という名前の台南の店を選んで、美味しい担担麺を注文しました。9時で晩ご飯を食べるのはさすが遅すぎで、なんでも美味しく感じます。でもここの担担麺は本当に美味しいですね!名物の担仔麺は汁なし(乾)と汁あり(湯)があります。どっちでも50元。祖傳肉燥飯は、肉そぼろかけ御飯。魯肉飯と呼ばれるものと大体同じです。35元。値段の安さからも分かるかもしれませんが、麺や飯は小さめです。だから沢山おかずを取りましょう。黄金鮮蝦巻は、ロール状のエビカツ状の食べ物。180元なり。店の入口で人気No.1と書いてたので注文しました。海老の味がたっぷりで美味しいです。子供たちも喜んでいただきました。

b6089be094c70ec4c04775c6a420ebcb

蕃茄麺(トマト麺)

お肉は好きだけれど、ヘルシーなものを食べたい時などにもオススメです。こちらには、牛肉とその茹で汁が入っていない代わりに、これでもか!というくらいトマトが入っています。牛肉入りに比べてスープ自体もあっさり感じられ、トマトの酸味が食欲をそそいます。夏の暑~い時に食べたくなりそうですね!イギリスに留学に行ったとき、このトマト麺をものすごく食べたくて、台湾の友達と一緒に作りました。作り方はとっても簡単です。でもやはり店で食べたのは美味しいです。店の麺はシェフが麺を削っています。中に入った白菜は、うまい具合にシャキシャキ感を残しており、湯で加減が絶妙でした。ゴロゴロ入った牛肉は、牛肉麺の国、台湾ならではのアレンジかもしれません。

私は少食な人なので、肉を入ってると麺は必ず残ってしまいます。いつも牛肉麺の店に行ったら肉なしに頼んでいます。味わ変わらず美味しいですよ!

3a4c5543a80cafe4_S2