酸菜白肉火鍋店

5

事前にすぐに混んでしまう、開店時が狙い目とあったので開店を目指していきましたが、予定より早く着きました。11時10分くらいです。お店をみると『open』となっており、こちらに気づいた店員さんも「どうぞ」という感じだったので一番乗りで入りました。店員さんはかいがいしく準備や様子を見に来てくださりました。タレは頼めば作ってくれると思いますが、言わないと分からないと思います。

お肉は豚と羊をチョイス。煮えたぎる鍋にもたくさん、お肉も結構量があり、最後の方は食べるのがやっとでした。2人用の880元のセットです。味はとても美味しいのですが、量があるのでその点だけご注意を。

 

以前、旧正月のかなり寒い日に訪れて寒風吹きっさらしの中1時間待ち。 これに懲りて今回は暖かな日に。 週末でしたが流石に比較的スムースに入店出来ました。 店内は空調が効いているので問題なしです。 ここは鍋だけでなくサイドメニューも美味しいんですが、メインだけでもそれなりの量があるのでなかなか手を出しづらいのが難点。 今回は初めから半分は持ち帰り用にしてもらいました。 (もちろんある程度食べてからでもお願いすれば容器をもらえます) 鍋の味の方もやはり絶品!日本でこの味が食べられないのが本当に残念です。

明月湯包

5

平日のお昼時に行ったので並ぶの覚悟でしたが 店内は7割くらいの混み具合でした。 入れ替わり人が次々に入ってくるのでやはり人気店なんだな~と実感。
湯包は名前の通りスープの量がすごい! 小籠包の正しい食べ方って上を少しかじってスープを飲んで・・・なんですよね? でも私はあの熱々を丸ごと口に入れて火傷しそうになりながら食べるのが好きなんです。 かなり口の中は地獄を見ましたが(笑)本当にスープたっぷりで幸せ~♪ 残念だったのは8個中3個既に皮が破れていたこと。
しらすチャーハンも空芯菜も文句無く美味しかったです。 オーナーさんも厨房にいて、昼ドラで宗佑が修行してた場所だ! なんて思いながら大満足な昼食でした。

 

キレイな店内で、家族連れでも入りやすく、スタッフも多いので何かと気にかけてくれました。 小籠包とシラスチャーハン、サケチャーハン、鶏肉のスープ、ピータンとピーマンのピリ辛味のものを頼みました。特にシラスチャーハンと鶏肉のスープが美味しかったです。

ただ、お会計の時に1,200ドルと言われビックリ。 どこで食べても、家族4人で1,000ドル超えることがなかったので…。 シラスチャーハンと小籠包は追加オーダーしたし、安いと思って調子乗って頼みすぎたかな。 手持ちの現金が少なかったので、そのあとの予定が狂ってしまいました(汗)

ただ、味はどれも美味しく、スタッフに帰りの駅までの道を聞いたら親切に教えてくれて、お茶もちょくちょく注ぎ足してくれたり、子どもがスプーンを落としてしまったのをすぐに取り換えてくれたり、感じ悪くはなかったので、また行きたいお店の一つになりました。

好小子海鮮店

5

2014年の2月末に行ってきました。 私はこういう居酒屋みたいなお店が好きですね。 店の外にもテーブルがおいてあって、地元の人はそこに座ってワイワイやっていました。 旦那と一緒に行ったんですが、旦那は注文でお店の人に店頭に並べてある具材を指差しでOKでした。 頼んだのはは二人でトコブシ、桜エビと空芯菜炒め、渡り蟹の唐揚げ、炒飯です。 突出しに大根と人参の漬物、サービスで芋の葉炒めとスイカが出ました。 どれも私の口に合って大変おいしかったです。 店内は従業員が動き回っていて、騒がしいのが苦手な方には不向きかもしれません。 大将がときどきこちらのテープルに来て「オイシイ?」と聞いていました。 台湾ビールを2本飲んで、料理と合計で1,500元くらいでした。 こういう雰囲気が好きな方にお勧めです。

 

林森北路2段の通りの丁度中間にあり とてもわかりやすいお店です。 店先の新鮮な海産物を選び 調理方法も選べました。 スタッフが日本語で いろいろアドバイスしてくれます。 味は 大変美味しくて満足できました。 値段も安価なほうなので 安心できます。 団体旅行では 行けないような庶民的なお店ですが 美味しさは 抜群です。 また 行きたいお店の一つです。