韓記老虎麺食館

3

(スープ、拉麺、春雨、おこげ)各180元
看板メニュー。「標準辣~大辣」まで4段階の辛さが好みで選べるのがいい!日本人には「標準辣」がちょうどいいはず。ナビ、興味本位で試した大辣は火を吹くほどの辛さ。けれど、トムヤムクンにも似た、辛さだけではない深い味わいのスープはたまらない~。辛党の人、ぜひ挑戦してみては?それ以外の人は小小辣をおすすめします。

お店の場所が永康街に引っ越して広くなってとてもきれいでした。 日本人の方も入りやすいと思います。 若女将に、料理の説明を細かくしてもらいわかりやすかったです。 若女将はお昼にはだいたいいるそうです。
私はここのジャージャー麺が大好きなんです。太麺でもちもちしていて食感もばっちりです。無料のXOジャンも混ぜるとさらにおいしかったです。このXOジャンは手作りだそうで、販売もされていました。 そしてここの水餃子もモチモチしていて最高です。これもXOジャンをつけて食べました。最高です★ そして最後に無料のお汁粉みたいなスープを飲んで満足しました(^-^)
ちなみに若女将のご主人は料理全般を作っているそうなんですが、背が高くかっこよかったですよ(#^.^#)
聞いたところここで辛いラーメンも食べてから近くのマンゴーのかき氷の有名なアイスモンスターに行く台北の方がけっこういるそうです。

鼎元豆漿

2

朝早くからお客さんが途切れることはありません。ピークは7時半から9時くらいまで。台湾の人たちはテイクアウトをして、会社で新聞でも読みながら、或いは仕事を始めながら、朝ご飯を食べているのは普通の光景。こちらは50年の老舗で、3代に渡るお客さんもいます。

ここでの人気は、飯團、ニラ入り水煎包、焼餅加蛋、鹹豆漿など。特に焼餅加蛋、焼餅油條のテイクアウト者は多数!もちろん冰豆漿も一緒に。ナビが好きなのは飯團。油條、肉鬆、酸菜、菜脯など一番簡単で素朴な具材に懐かしい味がして美味。水煎包はキャベツよりもニラ入りを選んでくださいね。蛋餅もいけます。鹹豆漿はその場でアツアツをフウフウして食べましょう!小籠湯包は8個入りがなんと90元!大ぶりで肉汁たっぷり。

小籠包がおいしくて2回も行ったので、今回移転してがっかりしたらどうしようと思っていましたが、杞憂でした!やっぱり美味しい! 大振りで肉厚の、まさに朝ごはん屋さんの小籠包!という雰囲気で一個口に頬張るには口内容量の限界を試されます(笑
が、たっぷりだけどあっさりめのスープが出てきて美味しいーーー!
気取らないところがとっても大好きです。豆漿も癖がなくておいしいです!

神仙川味牛肉麺

6

お店があるのは、国賓飯店と中山北路を挟んだお向かい。MRT「雙連」駅から歩いて5分のところ。店構えも清潔で、店内に入ると右手にはガラス越しに調理しているところを間近に見ることができます。これは、厨房の清潔さに自信があるからこそ出来ることですね。奥にもっと広いスペースがありました。全部でおよそ70席あるそう。ランチタイムには、近くのビジネスマンやOLさん、観光客や地元の常連さんで満席になるとか。

日本語の説明つきメニューがあり、お店の中も綺麗です。 牛肉麺と、エビワンタンを注文。 麺はほとんどうどんです。スープは見た目よりもあっさり。辛さが選べます。エビワンタンは少し小ぶりですがタレがおいしい♪ また行くかも。 私はお肉が苦手なのですが、食べられました。
スープがとても美味しかったです。 牛肉麺にしては、味・香りにクセが無くあっさりとしていて美味しかったです。
麺が極太でモチモチとした食感。 小辣はピリ辛程度だったから、次回はもうちょっと辛いのにしようかな。 この後にマンゴーかき氷を食べる予定だったので、中サイズでちょうどでした。