百果園

4

イートインでマンゴーなどのフルーツが楽しめました。

小さなサイズのジャムもいろいろあるので、ちょっとしたお土産を買うのにも便利です。

ちなみにJCBカードで割引があるようですので、お持ちの方はお忘れなく。

訪台の度にこの店で朝食を食べたり、買い物をしていますが昔はJCBカードをで支払いをすれば、全てにおいて(食べる、買う)勝手に10%割引でしたが、現在はJCB優待ガイドという冊子かPDF版をダウンロードし印刷したものを提示し、JCBカードで支払いをしなければ優待を受けられないと思います。また優待もジャムとドライフルーツだけに限定されていたはずです。

私は毎回ジャムを10個くらいとドライフルーツを大量に買いますので、必ず冊子を請求しそれを必ず持参し優待を受けており大助かりです。JCB優待ガイドはJCBのページから簡単に請求、ダウンロードできます。

 

MRTに乗って、忠孝復興まで簡単に来られたが、そこから大まかな地図を見ながら歩き出したが、一向に判らない。暑くて、汗だく!お陰で微風よってトイレに冷たい飲料をチャージし、再び探し始めた。MRTに乗って、忠孝復興まで簡単に来られたが、そこから大まかな地図を見ながら歩き出したが、一向に判らない。暑くて、汗だく!お陰で微風よってトイレに冷たい飲料をチャージし、再び探し始めた。

蜂大咖啡

images (1)

台北にはこういったカフェこそ似合うと思います。 狭いけれど雰囲気があって入れたてコーヒーが濃厚な点がチェーン店とは決定的に違う。 雨の西門散歩の後のいい時間を過ごせるスポットです。愛想ないけど、自由にしなさい、勝手にしていいのって
大雑把な優しさがあふれてかえって落ち着く地域密着型のカフェ。 こっちも気負わず無理な笑顔や遠慮はしなくて済む。 スタバ等みたいな営業スマイルは要らない、実質をとった台湾らしい カフェの雰囲気が最高です。また行きたいカフェです。 店内の席についてから、入口で売っている焼菓子のオーダーができるのかと思い、小姐にオーダーしたところ、
あきれたような顔で「お菓子は入り口だから」と露骨に嫌な顔をされ、続いてしようとしていた飲み物のオーダーをする間を与えられず去られてしまいました。
混んでるようには見えなかったけど、忙しかったのかもしれません。 店頭の老板のものすごいスローリーな動き、隣のお姉さんの対応で折れかけた心を持ち直し、オーダーした珈琲をごっくん。
こちらのアイスコーヒー、普段はあまり飲まない甘いものだったけれど、コクがあり何だかツボにはまりました。
また台湾に行ったら飲みたい味です。