明福台菜海産

7

今回は実家の家族と一緒に行きましたのでメインの仏跳牆や魚を含め約10種類の旬の食材をメインにした料理を注文しました。旬の山蘇の炒め物と特上の豚肉かと思う鮫、後は特上鮪の特製腸詰ソーセージ、柔らかく新鮮な新生姜、果物のような旬の筍の食感は日本にはありませんので主人はその味にビックりしました。台湾牡蛎は日本より小粒ですが濃厚でした。仏跳牆は日本での中華料理屋さんだったら3~5万取られるようですが旦那は漢方スープの味だといいました。2人で行ったらすべてを堪能出来なかったと思いますが、今回大勢な人もいるのでいろいろなものを注文できました。

フカヒレなんかも入った高級な仏跳牆を食べたら子供たちもおいしい~と言いました。一口食べたら上質のコラーゲンをとれた実感があり、今まで食べたことないと感じですね。高級漢方薬の冬中夏草も入ってあり、体にいよさそうです。見た目はグロテスクですが、ほとんど無味、おまけに気管支に効くそうなので、最近の咳が良く治った気がします。

神仙川味牛肉麺

3

この店の名前は神様がくれた牛肉麺みたいという牛肉麺屋さんです。二度目の伺いですが、お店はとても清潔で交通至便です。スープの味もしっかりして、ジューシーな牛肉たっぷりのせてとてもおいしそうに見えます。そして、この店のものは日本160年以上の歴史あるダイエット食品メーカーとタイアップし、ラーメンの名店監修丸大オヲツヤこんにゃくラーメンシリーズに、神仙台湾牛肉麺が加わっているそうです。牛肉麺は台湾では100元台でも食べられるという一般的なメニューですが、実はホテルのレストランで牛肉麺を食べようとすると一杯500元もするものですね!

写真の牛肉面は店のイチオシです。

まずはスープをひとくちを飲んでみましょう。麺や牛肉の味も大切ですが、ラーメンと同じように重要なのはスープだと思いますね!とりあえずちょっと辛そうなイメージでありますが、ヒリヒリするような辛さでもありません。数十種類のスパイスも絡みあってとても深い味わいです。