龍都酒樓

1

北京ダックというローストしたアヒルを食べるは日本でもよくご存じでしょう。でも、広東ダックという名前を聞いたことある方は少ないと思います。確かに台湾人の私もあまり知らなかったことですが、ローストダックの料理にも南方式と北方式があるそうです。その違いは出てきたダックを見ればすぐわかります。そのつややかなこと美しいかぎに皮はパリパリとしています。それはダックをじっくり炭火であぶってから、最後に高温の油をかけることに秘密です。こうしたダックを作るのには相当な技術が必要だそうで、今日はこのようなレストランに紹介したいと思います。こちらのダックはボリュームも結構ありますので、4人以上で楽しむのがベストでしょう。また、この店のダックは一日15羽から20羽までしか作らないので、食べに行く前に必ず事前に電話予約をしてください。日本語ができるスタッフもいるそうなので、言葉の問題はありません!メニューにはないですが、日本人には特別に半身で購入できるサービスもできます。

金品茶語

1

長春路にある金品茶樓は金品茶語と同じ系列のカフェレストランであり、もちろん経営するのは、台湾で37年間無添加の茶葉を取り扱ってきた金品茗茶というお茶の会社です。お店で使用している茶葉やお土産品はすべて金品茗茶のもので、そして提供している定番の小籠包やタピオカミルクティーその他料理、お茶、ちょっとしたアルコールもありますので気軽に食べられます。店内はおしゃれなカフェといった雰囲気がします。ただの現代風カフェではなく、台湾の伝統もしっかり取り入れられてすごくおしゃれな感じです!リラックスな雰囲気でお客様に食事を楽しんでもらいたいという意味でつけられた名前だそうです。とてもロマンチックで小さい子供たちを連れていくのもいいかもしれません。具入りの丸いパイの組み合わせは今回注文した食事です。こちらの器がおしゃれで、テンションが上がりました。セットの中で、唯一の固定メニューで、中身はハムと千切り大根であり、すごくおいしかったです。