古早味豆花

1

お店に入って、目を入ったのは飾っている絵で、どこか懐かしい昔の台湾らしい光景が広がってとてもキレイです。
スタッフの方によると、創業当時はこういったスタイルで豆花を歩きながら販売していたそうですが、確かに私は子供のゴロでもそういう販売の方がいました。いつしかその味が人気となり、寧夏夜市からすぐの場所にお店があります。台湾スイーツがいろいろそろっていますが、やはり「豆花」という看板メニューの豆腐プリンを一番食べたくなるものです。
このお店では厳選した新鮮な非遺伝子組み換え大豆を使用して、毎朝新鮮な豆花作っているそうです。人気店ではどんな風に豆花を作っているのか聞きましたら、店長さんが長い間働いているけどまだ豆花を作るのは難しいと言いました。豆花を作るのはとっても難しくて人気店の豆花作るなら、やはり並々ならぬ経験と技が必要だそうです。

私たちは注文の手順が分かったところで、トッピングを決めてとてもおいしそうにみえました。
こちらのトッピングも、その日の朝にお店で作られた自家製ばかりのものです!

燈籠滷味

1

夜市の屋台などで店頭に食材がギッシリ並び、みんながザルを抱えて一生懸命に食材を選んでいる不思議な光景を日本には見たことないと思います。そして、そのザル片手に行列をつくっているのは子供の時からずっと好きだったです。しかもナゼかカップルが多いかの今でも回答できません。もし台湾に行ったらぜひ試してみてください。そんな台湾料理は「滷味」と言います。滷は丸ごとの鶏やアヒルなどの香料を加えた塩水や醤油に煮込んで、そういう煮込んだ料理が「滷味」といいます。台湾独特の調味料ですが、日本に住んでも時々思い出します。 店についたらまずザルを手に好きな食材をチョイスして、ちなみに野菜や肉類などをバランスよく取るのがポイントです。そして選んだ食材のザルをお店の人に渡して、スタッフさんは次から次へと煮込み鍋へ勢いよく放り込まれます。
どんな食材を選んだか次取るために間違わないように覚えておくのがベストです。間違って取るのは嫌だから、自分のかわからなくなります。