老蔡水煎包

1

台北駅周辺には3軒のお店を構えて私は高校生自体もよく買いに行っていたお店です。ちなみによく行くのは漢口街のお店ですが、場所は華華大飯店の向かいという場所です。メニューはすごくシンプルで、食べ物は豚肉、ネギ入りの肉まんですが、ニラ、ハルサメ、炒り卵入りの韮菜包という名前は伊台湾の特産です。またキャベツ、ハルサメ、シイタケ入りの3種もあります。飲み物は豆乳、米乳、紅茶など合計6種の商品ですが、全ての商品はに各13元という安い値段で日本語の表示もあります。
私はいつも大好きな肉まんとキャベツまん、後は栄養満点の豆乳を注文して、近くの公園で食べます。

現場で注文するときも横で、豆乳をカップに注いだり、ニラやキャベツまんの具材を皮に詰め込んだりなどの作業は普通に見えます。スタッフさんはおしゃべりしながら、手はせわしなく動かしていて台湾人よくある風景ですね。

テーブルには箸と甘い醤油と辛いソースがおいてありますのでどうぞお好みでかけてください。何もかけなくても十分味があり、とてもおいしいです♪

延三夜市

1

民権西路と民族西路の間にある延平北路三段沿いの夜市は延三観光夜市と言います。ここには、大小105軒の店や屋台の小吃が並んで毎晩にぎやかです。こちらの隣に長く住む友達は台北大橋頭の夜市とみんなこのように呼ばれていますが、そこまでの観光夜市と違うらしいです。ここでいきなり反対側に渡りって右見て左見て、車がないのを確認したら入りましょう!

台北では迪化街の一帯だけにあるスモークサメ肉の屋台はここでもありますよ。この屋台は夕方四時から始めて売り切ったらおしまいにします。いつも大体8時前には店が終わりです。2代目夫婦が後を継いだことで、台北橋から一番近いところなので、延三夜市発祥からの歴史の証人みたいな屋台ですね。ちなみに店は私の年より早くも1965年からですよ。ここのおかみさん親切で、注文する際にいろいろな案内を教えてくれました。やっぱり下町というしみじみな感じです。
サメの肉、尾、ヒレ、肚の盛り合わせの総合皿は80元だけでとても安いです。

龍都冰果専業家

1

台湾のかき氷はなにが日本のかき氷と違うかというと、それはほんとうに1から10までまるで違います。まず氷の味と食感、そしてトッピングの種類の豊富さと合わせの大胆さ、驚異的にビッグな盛り、なによりそのお安さです!全てハッピー満タンなスイーツでございます!!

現地の方や台湾の方にお会いする機会があれば、ぜひ一度でもいいのでおいしいかき氷屋さんはどこですかと聞いてみてください。必ずと言っていいほど挙げられるお店がたくさんあります。今日は紹介するお店もその一つで、龍都冰果専業家という名前です。ガイドブックなどでもよく取り上げられている有名な店なので知っている方も多いかもしれません。私の家族ももちろん、何回も行きたいお店のひとつと思いました。

朝と昼ごはんをぬいて、午後のデザート時間くらいに行ったらいいと思いますが、お店に集う人はまさに老若男女どの年齢層でもあります。いろいろなトッピングを選んで注文したら、どうぞご店内でゆっくり味わってくださいね。

古早味豆花

1

お店に入って、目を入ったのは飾っている絵で、どこか懐かしい昔の台湾らしい光景が広がってとてもキレイです。
スタッフの方によると、創業当時はこういったスタイルで豆花を歩きながら販売していたそうですが、確かに私は子供のゴロでもそういう販売の方がいました。いつしかその味が人気となり、寧夏夜市からすぐの場所にお店があります。台湾スイーツがいろいろそろっていますが、やはり「豆花」という看板メニューの豆腐プリンを一番食べたくなるものです。
このお店では厳選した新鮮な非遺伝子組み換え大豆を使用して、毎朝新鮮な豆花作っているそうです。人気店ではどんな風に豆花を作っているのか聞きましたら、店長さんが長い間働いているけどまだ豆花を作るのは難しいと言いました。豆花を作るのはとっても難しくて人気店の豆花作るなら、やはり並々ならぬ経験と技が必要だそうです。

私たちは注文の手順が分かったところで、トッピングを決めてとてもおいしそうにみえました。
こちらのトッピングも、その日の朝にお店で作られた自家製ばかりのものです!

燈籠滷味

1

夜市の屋台などで店頭に食材がギッシリ並び、みんながザルを抱えて一生懸命に食材を選んでいる不思議な光景を日本には見たことないと思います。そして、そのザル片手に行列をつくっているのは子供の時からずっと好きだったです。しかもナゼかカップルが多いかの今でも回答できません。もし台湾に行ったらぜひ試してみてください。そんな台湾料理は「滷味」と言います。滷は丸ごとの鶏やアヒルなどの香料を加えた塩水や醤油に煮込んで、そういう煮込んだ料理が「滷味」といいます。台湾独特の調味料ですが、日本に住んでも時々思い出します。 店についたらまずザルを手に好きな食材をチョイスして、ちなみに野菜や肉類などをバランスよく取るのがポイントです。そして選んだ食材のザルをお店の人に渡して、スタッフさんは次から次へと煮込み鍋へ勢いよく放り込まれます。
どんな食材を選んだか次取るために間違わないように覚えておくのがベストです。間違って取るのは嫌だから、自分のかわからなくなります。

羅媽媽米粉湯

3

東門市場の中で一番のにぎやかな米粉湯のお店ですが、もう40年以上もやっています。今は羅媽媽の姪っ子さんを含め6人のベテランスタッフさんが切り盛りしています。看板の米粉湯は、6時間ほど煮込んだ豚骨が出汁に入れていい香りを出てきます。そして、新鮮なセロリ。シンプルな食材でありながら下準備が入念で、これが何十年も続いてきた人気の秘密なポイントかもしれません。客家人の羅媽媽は、調味料にもこだわりがあって、醤油、酢をミックスしたオリジナルソースは、豚肉やモツ類もちょっとつけると、一層味が引き立ちます。ここへ来たら、米粉湯は必ず注文しますね。2碗くらいペロッといく女子もいましたが台湾人なら大体レンゲで食べています。
その他おかずには、大腸、大腸頭、生腸、嘴邊肉、肝連、白管、脆骨、豚俳などのものがあります。嘴邊肉と肝連以外はすべてモツ類とのことで、私にとって大好きなおかずです。夏場は扇風機がガンガン回っていますが、やはりスープ類のものを食べると暑いです。

林合発粿店

5

こちらの店は油飯が有名ですが、油飯の開始は3代目からです。台湾では男の子が生まれると、生後1カ月のお祝いのお返しとして油飯にします。中には鶏モモ肉と食紅で染められたゆで卵が2個入って、それは紅はおめでたい時の色ですね。林合發粿店で通常販売されている油飯は、油飯にシイタケと豚肉、干しエビ、油葱酥がのったお弁当みたいなものです。油飯は、1斤か半斤か分けて、箱入りかビニール袋かで値段も異なります。煮込み卵を入れるとプラス10元になります。卵や鶏もも肉は単品でも買えます。

毎朝4時過ぎから仕込みに入る油飯はすごくいい匂いです。私たち行った朝9時は、早朝の分がもう売り切れで少し待っていると、大きなバケツで油飯が運ばれてきて、大きなたらいに油飯が移し替えられ、湯気がモウモウ立ち上がり、すごくいい香りです林合發粿店の油飯は当日の午前中に食べられなかったら、冷蔵庫で3日間か冷凍庫で7日間持ちます。温めるときは大同の電鍋があればとても便利でおいしく仕上がりますよ。

天天利美食坊

5

西門町でショッピングしながら、お腹がすいた私たち「天天利美食坊」の店を見つけて入りました。MRT西門駅出口6を出て、西門町のメインストリートの漢中街をまっすぐ歩くと、漢口街二段少し手前にお店があります。 お店に着くと「日本語メニューあるよ~!」とスタッフさんが日本語での客寄せて日本の方にも人気だそうですよ。メニューを見てみると台湾B級グルメのオンパレードがあり、店内のお客さんの注文している様子を見てみると半熟目玉焼きの滷肉飯を注文しました。他のメニューもとてもおいしそうで、蛋蚵仔煎60元や蘿蔔糕45元も人気なようです。みんなが必ずと言っていいほど注文しているのは滷肉飯小25元に10元プラスして半熟目玉焼きを乗せて、醤油ベースのタレに煮込まれたお肉と半熟玉子のハーモニーが何ともいえないおいしさで箸が進みました。駅からは少し歩きますが、開店時間9時30分より前に到着しましたが、開店していました。

福州元祖胡椒餅 

3

MRT龍山寺駅のすぐそばにある、どこかの店舗の通用口に繋がっているような細道の奥のに行列ができている胡椒餅の店があります。台北の胡椒餅ならここが一番おいしいところだと思います。

台北駅近くの胡椒餅店と2か所で食べましたが、士林夜市も言ったけどこちらの方が皮が美味しかったです。他にも瑞芳美食街の胡椒餅店はおいしかったけどいつも30分待たされるので、今回行くのは断念しました。
胡椒餅は餃子のようなもっちりした皮が層になり、肉臭くなく角切りの肉も入って食べごたえは抜群です! 中の葱の甘味も美味しかったなので、ついつい食べてしまいました。

餡の味つけは八角がありますが、台湾人の私は慣れて中華街の肉まんの餡がやや薄味と言えば近いかなと思います。しかし中華街の肉まんが苦手なら、この胡椒餅の味付けなども無理だと思います。

胡椒餅という名前ですが、ひき立てブラックペッパーよりホワイトペッパーが多めで子供たちにも不向きかもしれません。でも夫と二人で2個も食べましたが、食べ歩きの最中だったので大変満足できました。

延三夜市

9

暗闇に延三観光夜市のライトが光っていて、遠くには紅いぼんぼりも見えます。こちらが気になったのは、観光という2文字で、このエリア、観光客なんて、来ないですが、ここを士林と同等にしないでほしいというかしてほしくない!そのくらいディープな夜気を感じるところで車とバイクがバンバン行き来する4車線の両側に位置する屋台は密集しています。路上はもちろんテーブルと椅子が置かれてますが、それがずっとつながってるわけでもなくてちょっと途切れてはまた密集です。だから、夜市全体の灯りも他の夜市より暗めです。客層もディープで、一人で行くと労働している風のおっちゃんたちと合席になる可能性もあります。ここでは、気取りはいりませんので、屋台にうまいもん食いに来た感覚で、どんどん挑んでみました。初めて食べたのは4軒先のチマキ、コーナーに蚵仔煎というカキオムレツがありました。屋台の定番メニューのひとつでもあるし、カキの数が結構多かった割に40元というのが食べ得をした気分になりました。